おひさまの日★花の星のBLOG

スピなブログです、絵、漫画、ゲームなども公開していきます

かたち

「からだ」以外にも、疲弊するところ

たのしい、うれしい、好き そうした思いが こころから沸き立てば気力みたいなのは 回復していきます好きなことをするとか からだを何も考えずに動かすとか 楽しいことに無我夢中で熱中するとか「日々のうれしみ」みたいなこと 取り入れてみると よいかもしれ…

禍福

見えない世界の小さなもの

珈琲

☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡わたしたちもまた おおいなる神様から 何段階か、神様を経由して 分け御霊になり 肉体をもって 生まれてきているですから、「座禅・集中して心を味わう」とか 「ヨガのような心身をともなう運動」とか 「うたう、おどる、えをかく、詩を…

「絵本」つばさ

たましいの堕落がくずれおちていく

はやいひとは しばらく前から ずっとそうだったのですがたましいの堕落 嫉妬、大欲、 傲慢、憤怒(憎悪) 色欲、大食、 こうしたエネルギーが きりはなされ 落ちていっていますひとは弱いものです どこか幼いところをかかえ 辛辣な世界を生きている命です自…

主の帰還

神様は現実に息づきています 主をはじめとする ちからをもつ方々が 昨日の夜から ご帰還をはじめられました☆神社や、おてら 各々の聖域にある 神々聖霊さまの お力、ご存在が こゆく、強くなるそうです☆わたしは 辛苦を賞賛するものではありませんが これか…

神社の神様が泣くこと、地球は創造主の星

地球は創造主、主の星です ここに神は生まれ 修行し いったり きたりを 繰り返される神様がわけ御霊をもって 人間として生まれ こころを修行する場で 試練の色合いが強いので たくさんのことがおこります☆地球は 魂を産む星で 魂が育つ星です魂に内包する 「…

こころの力

イエス様と釈尊さまは 御兄弟なのだそうです天神も 御兄弟なのだそうです喧嘩することもあるし 仲良く話すこともあるのだそうです:霊魂になりますと さいごには心だけがのこります こころというのは 命の真の「核」とでもいうような エネルギーです肉体は「…

世界樹のこと

世界樹は 世界に流れる 生命の源です 木のようなエネルギー流です先日、右(人間で云うと感覚脳)に かたよっていた世界樹は 左(人間の思考脳的な領域)にも エネルギー流をもどしていました世界樹をつたい 天なるものは降ります能力があるかたは たいてい…

やくわり

そもそも 采配からくる 役割が、ひとりひとり まるで違うのでやっていることも 宣うことも 異なりを持つ☆彡「バリア地帯」のなかの ・守るもの ・浄化するもの ・癒すもの ・回復するもの は、基本的に「悪」にたいして 何かをしてはいけない (したとたんに…

ラグナロクの話、光

天の神や聖霊は とてもおおきなエネルギーで この世界は、いま どんどん、そうした おおきな流(龍)があわさり 一心化していっているいまは聖天使のエネルギーが とるとるあわさり続けている☆ラグナロクは 深く、どんどん進んでいてたとえば 聖天使が世界と…

絵にしても 詩にしても 歌にしても 踊りにしてもなにかを 「表現する」とは 祈りに近く神様への供物として されていました忘れ去られた今でも そうした「流」は 命にあって「なにかをあらわす」とは 世界の「命の流」に ひとつの「息吹」を 流すことになりま…

言の葉とことわり

神様にあるのは ことわりで それは言葉には ならないところにあることばでは たどりつけない世界に ふれたとき 神様や カクリヨがふれはじめる言の葉は 巨大なことわりの命 世界樹から ひらいて咲いたはがれおちていくほど それは 命からはなれ 詩(うた)から…

ぽるるんぱ

たくさんのさまよいや いろんなことにあてられて おぼつかなくなったら見えないところではなくて見える現実の ひととして あたりまえなこととか 生活とか ほんとうの友達とか 家族とかに もどりなさい☆道理も、真理も [人として]を 重ねたところに いきづ…

きえないもの

もともと 神聖なる場は 人のためではなく 地球のために息づいてるのでいまのいう パワースポットというのは とても誤解のある言葉だ地球のため、その地のための エネルギーの清流が ながれている場所聖域はそうしたもの☆聖域は ひいては 自身の命や すみかに…

ブログをもうひとつつくりました

やってみたら、ややこしすぎたので 下記のBLOGはやめることにしました 申し訳ありません ダークサイドを研究するブログ 「グィングイ」を 立ち上げましたおひさまのBLOGや 花の星などから ダークサイドのことを 記したものを こちらに移行し今後は 「グィン…

魂とこころ

己の情けなさや 罪深さを 思い知って はじめて 正道が歩めるという弱さを知らないと つよくはなれない強さは、 強い事じゃ ないんだろう弱いことや 間違えることを 知っていて己の、間違えやすさや 弱さや 情けなさの いたみのうえでそれでも、歩み進む 姿な…

ラグナロクのこれから、もっとも最悪なのはゾンビ……

悪意の親玉はゾンビだった 蠢く死肉 くさりながら動いている魂 輪廻転生の環をはずれ この世のことわりをはずれ それゆえに、一切の浄化なく ただ、腐りながら うごめいている たぶん、永劫不死になるための なにかの術下にいるのだろう そんなことを めざし…

生きる力

ラグナロクの現在の状況

先日、世界樹の根っこが 右に左に もどり、ゆるやかに 世界の清め祓いをはじめた 傾いていたとき あいていた空間には 魑魅魍魎が跋扈し なぜか、神だと思いこんだり 神のふりや 神の社ののっとりを おこないたがるものに あふれていた もう、世界樹は根をも…

ハロウィンを忘れていた…

ハハハッピーハロウィンでした ハッピテッドハロウィン?かぼちゃーーカボチャは なんだかしらないが 私とか、 守り神してくれます なんででしょうか植物(特に食べる奴)は なんかしらないですが たまーに、人の守り神してたりします なんでかなーカボチャ…

ただ、肩をポンポンとたたく

みえないところでも どうして ひととのやりとりが 大切になるのですがそれは、きほん みえないところでも 自分の姿は つねに、視界にはいらないこと (現実とおなじ) ともに、 だまされているとき ひとは、自分では 気づけないから、ですはたからみると わ…

神と花

詩と絵「不動明王」&「道」

「道」道はたいていは 二つか三つで 草は祈るようにしているらしい 愛とか、優しさとか そんなのが多い道を選べますように、と 誰かがいっていたけれど 歩くのは結局は 誰も変わってやれないそうだ 道は二つか三つで いつも、草は 祈りながら 選んでいくらし…

詩と絵[幽玄]

「月」私はなぜなんかはしらないんだ 夜におまえが泣いていたのを 月が観ていて ねむりにつくころ 守りにきていたよ 優しい明かりの掌は ふれることもできないだろうが 確かにおまえを慰めていた 私はなぜなんかはしらないんだ

祟りと重さ

分別

分別とは 分けて観ることのようです エネルギーのところでは これがとても大切になり たとえば 己をとりまくものにせよ 人のあらわれにせよ ひとつひとつ エネルギー流を 分けて観ることができないと (つまり まとめて一つに観てると) 理解をすることがで…

そらのこと