おひさまの日★絵と漫画と創作な日々

創作サイト「花の星」&「てんてこ」の漫画、絵本、小説、オリジナルゲームなどを記事にしています

 見えない世界の徒然

本心の呼音

無償の愛

天邪鬼の変わる時

溺れたとき、お不動さん

元気

本心と思い込んでいるそれは本当のところ本心なんだろうか

不動明王の怒りと、阿修羅の怒りの違い

こころ

お不動さん

ルシフェルの傷跡

魔が好むもの

おいもとめる

真っ正道

我欲は本当は ずっとずっと 「稼ぐ」ことなんか 出来てなかったんだよそれと たとえ、「稼ぐ事」が出来なくても 真心や思いやり 人をあたたかにすることは ほんとうは ずっとずっと 「稼いで」いたんだよ……結界がどんどんはずれていくから ふと気が付いた瞬…

時と育つ

五里霧中、ここから行先別れ道

釈迦とイエス

昨今の霧

尊厳

隣にいる命 隣人を大切にできているか 大切にしているか ** 神さまも、魂の方々も 「モノ」ではありません ひともそうです泣いたり笑ったり 怒ったり怒られたり よろこんだり たのしんだりして結局、しあわせでしたぶつかったり はなしあったり わかりあえて…

金の海

機械に巻き込まれていった

許さなかったもの、堕天使

本心は呼吸をしている

(※補足※)・穢れは生活により、自然に祓い清められており、ストレスが軽くなることと同じことで消えていきます、気にすることではありませんが、自前の本音や本心がわからなくなる時は穢れが濃い時があります、そうした時は「笑み」や「リラックス」を積極…

不動明王尊、怒りの大切さ

☆彡「あれは私だ」について過ちをもつものだけが 過ちに気づきえますいらだち、むかつきは 穢れのまといにすぎませんほんらいのアヤマチは 己がするからこそ 人に見えるものでそこへの「注意(静かな怒りをもってたしなめること)」は もっと、人を傷つけた…

きよめの気持ち

さまざまな不動明王

不動明王の神威

酒飲みに祝福を

いつのころからか バッカス神が 濃くなってきているのでもしかしたら お酒のせきで 「お酒といえばバッカス神」と 思いうかべるかたが 多いのかなぁ、と思うたのしくてうれしいお酒の席では 神様も楽しまれている おまけ 素面のほうが珍しいバッカス神 愛妻…

暑気払い、たのしもう

おまけ ★ランキングに参加しています、よかったら応援してね 日本ブログ村ランキング・コミックエッセイ 人気BLOGRANKING・コミックエッセイ

お不動さんにいこうとしたときの話

むらさき君のうっさい一言