おひさまの日★絵と漫画でつづる不思議な徒然

見えないものとの関わりを描いたコミックエッセイや、創作漫画と絵本。徒然と

【絵と物語】土の中で聞いた歌の話

http://ahito.com/e/cg/cg/img/2017/cg20170912.jpg

少しの土の中をねぐらに
やすんでいた

幾千年月

ふと気が付いたら
キレイな
頭に髪のない方がいらして
それはそれはきれいな声で
なにかを唄われた

彼が立ち去り
うつらうつらと
幾千年月
その歌を
おもいかえし
おもいかえし

ふとまた目が覚めた

彼がそばにいて
私を見て
愛しそうに笑っていた

土の中に
いままでみつけた
すべてのことを
埋めて捨てようと
彼は思っていた

だれにも利用されないよう
つよいことも
よわいことも

すこしあたたかな土の
なかの、なかに

彼はそれを唄にして歌い、埋めた

そうして
彼の中からそれは消えていった

その土の上は
あたたかな風がふきつづけた

ひとがきて
なんだか涙が流れたので

安寧の家を建てた
ひとがやすみ
いのちがやすむ
家を建てた

ひとは天へ
天を呼んだ

安寧の地に
なおも深く
導きと
安寧を
もたらすように

ともにいてほしいと

ともに生きてほしいと

天のほうで
うつらうつらしていた彼は
とつぜん
なにか、よばれたきがして

それが
あの土の上からだったので
そこに
おりたった

彼の歌を
耳のなかに聴いていた
その子を知った

その子と
出会った