おひさまの日★花の星のBLOG

スピなブログです、絵、漫画、ゲームなども公開していきます

★絵本

Voice

嫌われるのが怖いから 嫌うのが怖いんでしょうか怒られるのが怖いから 怒るのが怖いんでしょうか傷つくのが怖いから…

隠しこんだ

醜くていびつであっても 愛する人がいるかくしこんだ それでも 優しい毛布の下が ずっと気になっていた :

なんとなく、よろこびを

あなたをきずつけたものに あなたを 愛する人は 怒り、泣く :あなたを まもるものは あなたが どんなに尊いか 知っているあなたを 削ぎ貶めるものを あなたを守るものは ふかく、なげいて 怒るだろう: 怒りーー悪意ではない怒りは、悪意ではないよ

観念の海

観念の海を 魚が泳いでいる :しょせん あたまのなかのこたぁ けっして げんじつではありませんから 船乗りが話している:観念の海 しょせん 現実からはなれる手前勝手な物思い :「人も努力している」「いつも 懸命に 生きようとしている」鳥が鳴くひとを …

ゲイゲ

はらい、きよめ、たまえ

雷がゴロゴロ鳴って たたきおちる 灰汁のように ういてながれる なにか 暗く 腐臭 ながるるをいかずちが たちきっていく あの くらがりは 悪意を、このみますからふかめますよ、憎しみは つるぎ、はむしんの神威と それは 呪いではないそれは 厄災ではない …

叶わないから、安心しなさい

お互い様

魔との境い目

【絵本】影

影ができている 私が進むと影も、すすんだ 私が踊ると、影も踊った 暗いくらい暗がりから 鬼がでるかヘビがでるか

【絵本】沙汰

きがつくと どうでもいいことで 堕ちていった気がする読んでみる

【絵本】水煙

この絵本を読んでみる

【絵本】石

この絵本を読んでみる

【創作絵本】【リコチーと僕】山の廃線

山を少し行ったところの 廃線路に 変なものが出るという "読んでみる"

【創作絵本】まう

おぼうさんがいらして腕にこぶができたという"読んでみる"

【絵本】水星の龍(完成)

この間水星にいったとき きれいな水竜がいたんだ ところで僕はきれいとか、うつくしいとかわかいいとかもうそうした言葉自体が大好きなんだけど 言葉からして奇麗は奇麗だし美しいは美しいし可愛いは可愛い だから現実にそんなものがあらわれるとたいへん参…

【リコチーと僕】怪談にならない話(完成)

墓場の石の灯籠が夜燃えているらしい それがリコチーのゆかりの墓のそばだとゆうのでふたりで、見に行くことにした リコチー僕サイダーとかみかんとかもってきたよ 何しに行くつもりなんだよお前は肝試しじゃないのか てくてく さくさく 木々の合間から白い…

美濃の娘(完成)

美濃の娘にカミノオリがあるゆうて、風が騒いどったんやども 「おとうさんこんなにお茶が波立ってる」「ゆらしてもないよへんよね……」 アッ…… 目…… 力がこえとる からだは つなぎとめんと 美濃の娘は慈悲深かったようで涙がたんとでた 涙が 己を癒やし力を癒…

あいつが俺にくれたもの(完成)

あいつが俺にくれたもの おれがどんなに何もわかってなくて、しっぱいしても笑わない約束をあいつとはしてきた おかげでどんなに、しっぱいしてもなんどだってやりはじめた あいつは見ていてくれた 最初の宙返りでひとりだけの観客は われんばかりの拍手をく…

どこかで、ながれに

何処かで接続されてるんだ ーーかれ 彼とつながるひと 嘘をつけない、なるべく避けてるでも。人のためならほらもふく 泣いてる人はかなしいから手を差し伸べる 何か役にたちたいでも、何ができるかわからないから、まどいながらさがしている 金銭も、ものも…

苦しみの中に瓶詰めされてしまったときの対処法

苦しみの中に瓶詰めされてしまったときの対処法 まず上を確認します 上はむずかしいのですこし斜め前に向かいます 手足を泳ぐようにうごかしてすこしずつ 苦しみはねばっこくてからみつきやすく重い おもみをかきわけるように 呼吸をふかくたもちながら ゆっ…

【絵本】うむ

…うむ… …読んでみる… はらんでうんで いまは 自分が何を生んでるのかのほうが 気をつけたいやれること(創造性)が特別で みんな特別というのは 「創造できるもの(こと)が、みんな違う」からだそういう意味では その人の 創造性がともなう 思想は好きだな…

ゴーゴン

……「ゴーゴン」…… ……「読む」…… 蛇の駆逐、牙の抜き方 「したことない人」は 言葉でいえても 伝えられない「牙をそいでほしい」なら 自分ができてから:同じように「剣のしまいかた」を 会得している人は 人の剣もしまわせることができる「いってきただけ」か…