おひさまの日★絵と漫画でつづる不思議な徒然

見えないものとの関わりを描いたコミックエッセイや、創作漫画と絵本。徒然と

安倍晴明さんとぶーらぶら

http://ahito.com/memo/blog/spirit/img/2018/mm_sketch-1522055749925.png

安倍清明さんと
ぶーらぶらしながら
話してた

あたたかくて
桜が真っ白に
満開だった

桜のにおいって
花見をしても
かいだことがないよ
するのかな

花の、とても
近くによるとね
するようだよ

たまに精霊が
花の真ん中にうまって
心地よさそうにしている

そんなことを
はなした

……

安倍清明さんも
過去世があって
神様として祀られたのは
安倍清明さんで
それでなんか
ほかの過去世もちからがあるから
(ひとや、世界をたすけるときに)
あらわれたりすんだけど
すべて安倍清明にするしかなくて

とか、そんなことを
つらつら話す

人間で、神様として
祀られたかたがたは
方々なりの過去世があって
過去世のちからをつかったりもするらしい

そんなこともあるらしい

じゃ、神様として祀られると
どうなるかというと
魂がそこで神様として
神界にとうろくされて
神様として現世に仕事をすることになる
うんぬん

そうしたことを
うまれるまえに
もう、背負っていた、し
わかっていたんだとか……

おどろくのである