おひさまの日★花の星のBLOG

スピなブログです、絵、漫画、ゲームなども公開していきます

◆スピノート

かたち

「からだ」以外にも、疲弊するところ

たのしい、うれしい、好き そうした思いが こころから沸き立てば気力みたいなのは 回復していきます好きなことをするとか からだを何も考えずに動かすとか 楽しいことに無我夢中で熱中するとか「日々のうれしみ」みたいなこと 取り入れてみると よいかもしれ…

禍福

珈琲

☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡わたしたちもまた おおいなる神様から 何段階か、神様を経由して 分け御霊になり 肉体をもって 生まれてきているですから、「座禅・集中して心を味わう」とか 「ヨガのような心身をともなう運動」とか 「うたう、おどる、えをかく、詩を…

「絵本」つばさ

たましいの堕落がくずれおちていく

はやいひとは しばらく前から ずっとそうだったのですがたましいの堕落 嫉妬、大欲、 傲慢、憤怒(憎悪) 色欲、大食、 こうしたエネルギーが きりはなされ 落ちていっていますひとは弱いものです どこか幼いところをかかえ 辛辣な世界を生きている命です自…

主の帰還

神様は現実に息づきています 主をはじめとする ちからをもつ方々が 昨日の夜から ご帰還をはじめられました☆神社や、おてら 各々の聖域にある 神々聖霊さまの お力、ご存在が こゆく、強くなるそうです☆わたしは 辛苦を賞賛するものではありませんが これか…

神社の神様が泣くこと、地球は創造主の星

地球は創造主、主の星です ここに神は生まれ 修行し いったり きたりを 繰り返される神様がわけ御霊をもって 人間として生まれ こころを修行する場で 試練の色合いが強いので たくさんのことがおこります☆地球は 魂を産む星で 魂が育つ星です魂に内包する 「…

こころの力

イエス様と釈尊さまは 御兄弟なのだそうです天神も 御兄弟なのだそうです喧嘩することもあるし 仲良く話すこともあるのだそうです:霊魂になりますと さいごには心だけがのこります こころというのは 命の真の「核」とでもいうような エネルギーです肉体は「…

ラグナロクの話、光

天の神や聖霊は とてもおおきなエネルギーで この世界は、いま どんどん、そうした おおきな流(龍)があわさり 一心化していっているいまは聖天使のエネルギーが とるとるあわさり続けている☆ラグナロクは 深く、どんどん進んでいてたとえば 聖天使が世界と…

言の葉とことわり

神様にあるのは ことわりで それは言葉には ならないところにあることばでは たどりつけない世界に ふれたとき 神様や カクリヨがふれはじめる言の葉は 巨大なことわりの命 世界樹から ひらいて咲いたはがれおちていくほど それは 命からはなれ 詩(うた)から…

魂とこころ

己の情けなさや 罪深さを 思い知って はじめて 正道が歩めるという弱さを知らないと つよくはなれない強さは、 強い事じゃ ないんだろう弱いことや 間違えることを 知っていて己の、間違えやすさや 弱さや 情けなさの いたみのうえでそれでも、歩み進む 姿な…

ラグナロクのこれから、もっとも最悪なのはゾンビ……

悪意の親玉はゾンビだった 蠢く死肉 くさりながら動いている魂 輪廻転生の環をはずれ この世のことわりをはずれ それゆえに、一切の浄化なく ただ、腐りながら うごめいている たぶん、永劫不死になるための なにかの術下にいるのだろう そんなことを めざし…

ラグナロクの現在の状況

先日、世界樹の根っこが 右に左に もどり、ゆるやかに 世界の清め祓いをはじめた 傾いていたとき あいていた空間には 魑魅魍魎が跋扈し なぜか、神だと思いこんだり 神のふりや 神の社ののっとりを おこないたがるものに あふれていた もう、世界樹は根をも…

ハロウィンを忘れていた…

ハハハッピーハロウィンでした ハッピテッドハロウィン?かぼちゃーーカボチャは なんだかしらないが 私とか、 守り神してくれます なんででしょうか植物(特に食べる奴)は なんかしらないですが たまーに、人の守り神してたりします なんでかなーカボチャ…

ただ、肩をポンポンとたたく

みえないところでも どうして ひととのやりとりが 大切になるのですがそれは、きほん みえないところでも 自分の姿は つねに、視界にはいらないこと (現実とおなじ) ともに、 だまされているとき ひとは、自分では 気づけないから、ですはたからみると わ…

分別

分別とは 分けて観ることのようです エネルギーのところでは これがとても大切になり たとえば 己をとりまくものにせよ 人のあらわれにせよ ひとつひとつ エネルギー流を 分けて観ることができないと (つまり まとめて一つに観てると) 理解をすることがで…

世界樹について

(この記事とあわせてお読みください)世界樹の「右」と「左」は 人間の「右脳」と「左脳」の 神様バージョンのようなもので 「善性」と「(ほんとうの)正義や真心」で 成り立っていますひとは、ひとによって 居心地の良い「エネルギー帯」がありますいままでは…

撒き餌は醸し出されるエネルギー

魔と聖と 世界がわかれていくなかで下手な喧嘩を (どちら側にも) 売らないように 気をつけてくださいどちらの陣営にも いまは、ほぼ 巨大なものが 現れてきています腕に自信があるとか ないとか、そういう 意識的なことじゃなくて見えないところの状況を …

帰り道、収穫の道のり

毒素をはずす始まりがきたようです ひとりひとり 泥の中で生活しているから エネルギーのなかに とりこんできた毒素は多いです それをゆっくり はずしはじめている己のしたことは 己に還ります それは、エネルギーがかえるとか そういうこともふくめて行為は…

信じがたいことが、おきはじめるけれど

大切なことや 大事なことは いつも、かわらないし 警戒しなきゃいけないことも かわらない脅すようなことで 人を支配しようとする 煽り立てには 今後とても注意が必要になる集団化することと 仲間であることは まったく、別のモノだから 気を配ること見えな…

主の帰還

むかしむかし だらしのない者がいて 酒をのんでは あばれていたとある山の中で それは、女をみた 女は瓢箪で 泉の水をくんだとたんに、酒のかおりがして だらしのないものは 水を酒にかえる瓢箪だと 女を斬り殺して 瓢箪をうばってにげた家につくと 瓢箪のな…

神様との舞いは、ひとが勝手にしてはならない

神ごとをされる方なら 感覚がひらかれてありますから ご理解されているかと思います神様とのことは 神様がうごかれることなので 人のタイミングや 自我、自意識由縁のやり方は してはならないものです (人は、流れ降りた御手をうけとるだけ)神様がいやがら…

思いやりと知恵

たましい 識はなくなり 知恵はのこる言葉をぺらぺら はなすのは 人間に近いものたち神のことばは 言葉ではないから 訳すことはむずかしい くるくるまわる光みたい☆なにがそばにいるか、ではなくて 克己心とか 思いやりとかなにがスピリチュアルか、 思いやり…

休むことと働くことと

働くことと同じように 眠ること 休むこと 回復することは 大切なことで それは体力だけでやっている時期には 気づけないかもしれないことだけど神様は夜寝て起きられる方と 朝寝て夜働かれる方で わかれていてふだんの、夜寝て 朝起きて働くとき 私たち人間…

神様とひと

ひとの正誤と、善悪は ひとのもので 人を越えたところにあるものたちは それとは関係のない 道理のようなもので いきているそれは境界線と、距離 敬意と、尊重のようなことだたとえば 人界をまもられているひとたちはいて かれらは、でも、知っているこえた…

スピリチュアル☆数とメッセージ

最近徒然、 センスというのは わりあい大切なものかもしれないと 思い始めている人とつきあうことや 見えないものとつきあうことにおいても 感性が磨かれていることは たしになる偽物と本物の話になる 本物の芸術は一見地味だが 手が込んでおり 一心がともっ…

スピリチュアル☆人をもたらす

己の目は どうあがいても 己の目であり こころもまた、 己のものです傀儡は、自分の心で感じ 自身の知恵で思慮をかさね 自身の足であるくことを やめた人たちが なっていくものです己を己とし 志すことから 逃げるとき 甘い舌でだます者たちは その手をとり…

スピリチュアル☆神様の香り

かみさまは良いにおいがする 香木というらしいかみさまの 隣にあるものは みんな神様のために 働かれてあり 神様のものだ だから神様のところから 何かを持ってきてはいけない それは神様のものだから☆欲には欲がかえる 欲がかえるから それはそれで 大変加…

いろいろ

いろんなことがあって いろんな流れがあって 変わり続ける中で かれらは しんとしていて 凛としていて すぐれた芸術や とてつもない美しさ あまりの自然が 魅せる、すごさのように こころ味わい深く、 気持ちがすっと楽になる 神様はみえなくても わからなく…