おひさまの日★絵と漫画でつづる不思議な徒然

見えないものとの関わりを描いたコミックエッセイや、創作漫画と絵本。徒然と

2017-10-16から1日間の記事一覧

朽ち果てる音

百日紅の樹の下でたちぼうけながらあの人は百日紅、猿が滑るとはほんとうかしら、と言われます …… たくさんの木の実がついた木々の下を通り抜けると舌がたくさんに千切れたものがいましたうそをついていたら千切られましたといわれます その血をへびが、ちろ…

観念の海

観念の海を 魚が泳いでいる :しょせん あたまのなかのこたぁ けっして げんじつではありませんから 船乗りが話している:観念の海 しょせん 現実からはなれる手前勝手な物思い :「人も努力している」「いつも 懸命に 生きようとしている」鳥が鳴くひとを …